ブログトップ

晴れた日は

haretahiha.exblog.jp

カテゴリ:読書( 6 )

生協の白石さん

c0003040_16080745.jpg
相変わらず図書館通いをしていまして、哲学のコーナーにこんな本を発見。
懐かしい。
とは言っても、騒ぎになっていた当時は全く読んでいなかったのですが。

今回、初めて読んでみてその面白さに感動してしまいました。
大学生協の職員の白石さんが、ご要望コーナーのコメントに回答する。
その白石さんの回答が何とも面白い。

文章が上手でセンスがいい…
それだけで済ませられない何かを感じます。
あくまでも真面目に仕事に取り組む姿と言いますか
相手に対する愛情といいますか。

とにかく、読むと元気になれます!





[PR]
by eiei_ieie | 2015-12-10 17:07 | 読む

ざわざわ もやもや

c0003040_00000989.jpg
哲子になったわけではありません。

な~んだか、最近、「ざわざわもやもや」して
気持ちが落ち着かない。

人と話すと愚痴ばかり出て、それも嫌だ。
あ~、でも、なんだかもやもやする~

で、図書館で手に取った本がこの2冊。
こんな風に本を選んだのは初めてです。
でもね~、自分でもどうしていいのか分からなくて
哲学本に助けを求めた。

さて、この中に私の答えはあるのか?
私の怒りは収まるのか?


[PR]
by eiei_ieie | 2015-11-28 00:51 | 読む

6 日暮らし

c0003040_22322229.jpg
「日暮らし」宮部みゆき

「ぼんくら」の続編です。
ぼんくらを読んだらこれはもう読むしかないです。

ぼんくらの登場人物のその後を描きながら、話が膨らんでいきます。
ミステリーなので謎解きももちろん面白いのですが、この中で生き生きと生きる人々が何とも素敵だなあ、愛おしいなあと思ってしまう。
この時代には人情ってあったのかな。
今もあるんだろうけど、どこにあるのかなと切なくなるほどです。

でも、私は優しい人でありたい。
そう思わせてくれる物語です。




[PR]
by eiei_ieie | 2015-03-10 22:40 | 読む

3~5 とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう

c0003040_11155127.jpg
「とりあえず今日を生き、明日もまた今日を生きよう」なだいなだ

精神科医で作家、ペンネームはスペイン語で「何もなくて、何もない」という意味らしいです。
若い頃、よく読んでいたな~と懐かしく手に取ってみました。
最近お亡くなりになったようで残念です。

アルコール依存症が専門だったらしいのですが、患者さんに
「とりあえず、今日1日お酒を飲まないように」と言うのだそうです。
1か月やめろ、1年やめろと言うのは無理でも今日1日なら出来る。
明日になったらまた今日1日です。

「人生をまとめて生きることはできない。
できるのは今日1日を生きることです」

病院にかかるほどではないけど、今の世の中何となく辛いなと思うことは誰にでもあると思います。
そんな時、「とりあえず、今日は○○をしよう」と思うと気が楽かもしれませんね。

身近なことだと、洋裁教室に通っているのですが全くやる気がでない時があります。
家で縫わないと完成しないのはわかっているのですが、1週間、2週間、3週間…手つかずで教室に通う時があるのです。
今からやるべき工程を想像すると全くやる気がでない。
結構これも辛くて、自分はなんてダメな人間なんだと落ち込みます。

落ち込むくらいならさっさとやればいいのにできない。
そういう時、「とりあえず、今日はダーツだけ縫ってみよう」とか「アイロンだけかけよう」と簡単にできることをやってみると、それが完成につながっていくことがあります。

家の片づけも「あそこも、ここも」と思うと気が遠くなりますが、「とりあえず、今日はここだけ」という風にやってみるといいかもしれません。

こういう話をすると、根気があるとかないの話になりますが、他人と比べなくていいと作者は言います。
昨日の自分と比べて今日の自分はどうか。
昨日はできなかったけど、今日はこれだけできた。
エライゾ、エライゾ、私。


【その他】
・「冷えとり」で体内酵素を活性化する方法 川嶋 朗
・あきの縫い方の基礎 水野佳子



[PR]
by eiei_ieie | 2015-02-23 12:12 | 読む

2 ひとりでも生きられる

c0003040_00413911.jpg
「ひとりでも生きられる」瀬戸内寂聴

エッセー。愛するということはどういうことか。

昔から私とは真逆にいる人だと敬遠していましたが、やっぱり駄目でした。
恋愛が終わるとまた次の恋愛が…
なんていうエネルギーは私には無い。
それがよ~くわかりました(^_^;)



[PR]
by eiei_ieie | 2015-02-12 00:48 | 読む

今年1冊目 ぼんくら

c0003040_02302873.jpg
「ぼんくら」宮部みゆき

NHKのドラマが面白かったので読んでみました。
今年1冊目。

宮部みゆきの時代小説。
長屋から一人ずつ人が消えていく。
いったい、この長屋には何が起きているのか。

謎解きの興味もあるのですが、登場人物が生き生きと描かれていて、人情にあふれたこの時代に生きてみたいと思わせてくれます。

きっとこの人の時代物が続きそう。





[PR]
by eiei_ieie | 2015-02-08 23:22 | 読む