ブログトップ

晴れた日は

haretahiha.exblog.jp

タグ:らっきょうの甘酢漬け ( 6 ) タグの人気記事

らっきょう漬け

c0003040_23250690.jpg

今年もらっきょうを漬けます。
朝一で生協に買いに行き、すぐに皮をむいて塩水に漬けました。
時々瓶を揺すりながら2週間置きます。

その間に乳酸発酵するらしいです。

2週間後に本漬けをして1カ月後から食べ始め、
1年後もカリカリと歯ごたえのいいらっきょうを目指します。


[PR]
by eiei_ieie | 2016-05-28 23:18 | 手仕事

梅酒と梅サワーとらっきょう漬け

梅は収穫して2日もすると熟してくるらしいです。
そう言えばいい香りがしています。
あわてて仕込みました。
c0003040_16421660.jpg
梅酒。
梅1kgにホワイトリカーが1.8L、氷砂糖はお好みでということですが、まよった末にネットに出ていた少なめのレシピと多めの中間をとって700gにしました。

c0003040_16420964.jpg
こちらは梅サワー。
お酢に漬けると梅がどんどん変色していきます。
梅、氷砂糖、酢が1:1:1です。
夏の暑さを乗り切るのにサワードリンク必須の我が家(というか、私)には、梅酒より出来上がるのが楽しみです。

c0003040_16420407.jpg
塩水につけて2週間が経ちました。
塩抜きして甘酢につけ唐辛子と昆布を入れました。
去年はとてもうまく出来上がり、1年経ったいまでもパリパリの歯触りです。
甘酢はらっきょう2kgに対し、水300mlに砂糖500gを煮とかし冷めたら酢700mlを加えます。






ところで
[PR]
by eiei_ieie | 2014-06-10 17:11 | 季節の手仕事

今年もらっきょう漬け

今年もらっきょうの季節がやってきました。
時間のありそうな日にらきょうが届くように生協で注文しました。

c0003040_18130405.jpg
届いたらすぐに作業をしなければいけません。
写真は塩水に漬けたところです。
作り方は去年と同じこちらを参考にしました。
一年たってもカリカリとしていて美味しいです(*^_^*)




[PR]
by eiei_ieie | 2014-06-03 18:21 | 季節の手仕事

甘酢に漬けました

c0003040_9455984.jpg

塩抜きをして、甘酢に漬けました。
今年は砂糖の量を減らしてはちみつも入れてみました。
はちみつは砂糖より甘みが強いので糖分を減らせるかなと思って。

あとはいつものように鷹のつめと昆布。
今年は色々と初めてやったことが多かったのですが
美味しくできるかな。
期待と不安が半分半分。

でも、これが楽しいのよね~
[PR]
by eiei_ieie | 2013-06-16 09:48 | 季節の手仕事

らっきょう-2

c0003040_034456.jpg


らっきょう漬けの続きです。
写真はらっきょうを塩漬けした状態です。

いつもは、昔教えていただいたことを思い出しながら
なんとなくやっていたのですが
今年はこちらを参考にさせていただきました。

らっきょうの有名な産地である鳥取のJA。
何とも説得力あるではないですか!

ここに書かれていたのが、塩漬けならぬ「塩水漬け」。
初めての方法なのですが
2週間置くと
その間に乳酸発酵して美味しくなるのだとか…
ちょっと楽しみです(^O^)
[PR]
by eiei_ieie | 2013-06-08 00:52 | 季節の手仕事

らっきょう

c0003040_2215538.jpg


生協でらっきょうが届きました。

らっきょうは生命力が強く
届いた日に処理をしないと芽がどんどん伸びてしまいます。

でも、皮をむくのが大変。
というわけで、最近は
買った日に、ざっと洗って(写真)塩漬け
その後、時間のある日に皮むきをして甘酢に漬ける
というのが定着していました。

さあ、いつものように…と思ったら、
塩漬け用に使っていた陶器のかめが味噌に占領されています。
このままでは、らっきょう用の瓶に入らないので
予定を変更して皮をむいて塩漬けしました。

なんとも計画性のない私。


ところで、このらっきょうの皮をむくのっていうのが難しい。
薄皮のもう一つ下までむくのが美味しいのですが
「もう一枚」と思ってむこうとすると
とっても美味しそうな「らっきょう」本体だったりします。

というか、どこまでが皮でどこからが「らっきょう」?
[PR]
by eiei_ieie | 2013-06-05 22:20 | 季節の手仕事