ブログトップ

晴れた日は

haretahiha.exblog.jp

タグ:石けん2005 ( 15 ) タグの人気記事

カモミールミルク

c0003040_1783964.jpg2005.12.29作成 / 2006.1.29解禁

(500gバッジ)
オリーブ油(カモミール抽出) ココナッツ油 パーム油 ひまし油 シアバター
NaOH(7%ディスカウント) 精製水(35%)
【オプション】コンデンスミルク ホホバオイル
【無香料】



年末の忙しい時期に仕込んだ石けん。
ソーパー(手作り石けん作家)の間で人気のカモミール石けんです。
カモミールを漬け込んだオリーブオイルメインに、最近気に入っているミルク石けんにしたくて今回は牛乳の代わりにオプションでコンデンスミルクを大さじ1加えました。

寒い時季なので、保湿のシアバターとホホバも入れたのですが、今からだと春夏用の石けんにしないといけないのにね。(3ヶ月~半年すると最高の使い心地になるとか)
でも、きっと待てなくてすぐ使っちゃいそうです。
[PR]
by eiei_ieie | 2006-01-18 15:31 | 石けん

Sunflower

c0003040_12435979.jpgひまわり油を使った石けん。
黄色い色は精製していないパーム油(レッドパーム)の色です。

このレッドパーム油は、カロテンとビタミンEを多く含み、肌の修復を助けてくれるのだそうです。

洗い流してしまう石けんですから、効果を考えると料理に使うのが一番いいと思うのですが、今から作ると、春先や夏の紫外線の気になる時期に使い心地が最高になるんですよね。

ひまわり油で作った黄色い石けん、おまけにレッドパームがお肌にいい効果をもたらしてくれる・・・のではないかと思いながらお風呂に入るのは、女性としてはうきうきするものがあるのですよ。

香りは「パルマローザ」と「ローズマリー」の精油です。
[PR]
by eiei_ieie | 2005-12-24 13:10 | 石けん

eieiさんちのプレーン石けん

c0003040_1457312.jpg

オリーブ油・ココナッツ油・パーム油・ひまし油(無香料)

オリーブ油メインのシンプルな石けん。
時々作っては、泡立ちや硬さを調整しながら段々と自分の好きな石けんにしていきたいと思います。

手作り石けんと言うのは、3ヶ月後、半年後・・どうかすると1年も2年も経ってから本当にいい物になったりするらしいですから、なんとも気の長い話ですね。
それってもしかして子育てに似てる?
[PR]
by eiei_ieie | 2005-11-27 15:18 | 石けん

ラベンダーとローズマリーのシャンプーバー

c0003040_22401100.jpg石けん作りにはまっている人ならおなじみの前田レシピ「ラベンダーとローズマリーのシャンプーバー」です。
精製水の代わりにラベンダーとローズマリーのハーブ水を使って、シャンプーバーには欠かせないひまし油と、保湿のシアバター、黒蜜入り・・・のはずが、無かったので蜂蜜で代用。

最近は石けんを切り売りするようなお店もあり、世の中には「シャンプーバー」という髪の毛を洗う固形石けんがあるのだと言うのも段々と浸透してきていますよね。(ね?)

本当は特別に「シャンプー用の石けん」と決めなくてもいいのですが、髪に良いとされるハーブや保湿成分を使って、仕上がり良く洗えるように工夫して作った物を「シャンプーバー」と呼んでいるようです。
髪を洗うと、石けんの違いが一番よく分かるんです。
私の髪に合うといいな~


c0003040_23142587.jpgこちらは、只今台所で使用中の廃油石けんです。
牛脂を入れているのできりっと硬く、つやのある美しい石けんになりました。
シンプルなベージュというのもいい感じ。
泡立ちもよく、台所仕事が楽しくなります。

このところ、石けんを作り溜めしているのですが、廃油石けんがあまりにきれいなので、久しぶりにベーシックな石けんが作りたくなりました。
無香料のマルセイユにしようと思ったのですが、浴室に置きっぱなしにするし、おおらかO型三人組の子供たちが使うのでもう少し硬め・・パーム油を多めにして「eieiさんちのプレーン石けん」を仕込みました。
こうして、自分好みの石けんに出来るというのも手作りの良さですね。
[PR]
by eiei_ieie | 2005-11-23 23:18 | 石けん

緑茶ミルク

c0003040_1521739.jpg緑茶を漬け込んだオリーブ油メイン、水分の一部を牛乳にかえて石けんを仕込みました。

写真よりもう少しきれいな黄緑色です。
「芋羊羹食いてー!」と息子。
食べることは出来ませんが、「あずき石けん」に続いて子供たちからリクエストされた洗顔用の石けんなんです。
朝「緑茶石けん」で洗うと顔の油浮きが少ないんですって。
(にきびに悩むお年頃~)

緑茶効果で油浮きを少なく、おまけに牛乳効果でしっとりと・・・なんて都合よくいきますかどうか・・・
[PR]
by eiei_ieie | 2005-11-20 14:02 | 石けん

ミルク石けん

c0003040_1355255.jpg基本のオイルのうちオリーブ油をひまわり油にして、牛乳を入れて作ってみました。
牛乳を入れるとどんな香りになるのか知りたかったので、無香料です。

今のところ、カステラかスポンジケーキのような香りがほんのりします(笑)
色も、薄い黄色で、気泡も入らずきれいに出来ました。

ミルク石けんは評判がいいので、使うのが楽しみです。


今の時季って石けんを作るのに一番いい季節らしいのですが、その季節も終わろうとしている今、あわてて作り溜めをしています。

は~、追い詰められないと勉強をしないうちの子供たちはやっぱり私に似たんですね。

年賀状は早く書こう!(心のつぶやき)
[PR]
by eiei_ieie | 2005-11-04 13:33 | 石けん

あずき

c0003040_230013.jpg先日作った「あずき石けん」を切り分けました。

オリーブ・ココナッツ・パームの基本のオイルに小豆の粉が入っています。
にきび顔の息子用に作った洗顔のための石けんです。

小豆のサポニンは昔からお肌にいいと言われています。
小豆の粉でパックをするとお肌がさらさら、つるつるになるそうですよ。
スクラブ効果も期待できるかな。

それにしても美味しそうな石けん。色もいい感じ。
1ヶ月後が楽しみです。
[PR]
by eiei_ieie | 2005-10-31 23:16 | 石けん

牛脂石けん

c0003040_9125154.jpgお肉屋さんで買ってきた牛脂を精製して冷凍庫に保管していたのですが、やっと石けんを作りました。

牛脂というのは普通に私達が見る白い石けんの材料ですね。
牛脂に、泡立ちをよくするココナッツオイルを20%ほど足したので、もったりしっかり泡が立ち、いつもの使い慣れた安心感のある石けんになりました。

「いつもの石けんならわざわざ手作りすることもない」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、コールドプロセスで作る手作り石けんは、グリセリンがたっぷり含まれたお肌に優しい石けんになります。
それに、自分で作ったのですから、とびきり可愛い石けんなのは言うまでもありません。
[PR]
by eiei_ieie | 2005-10-12 09:30 | 石けん

カロチーノ

c0003040_16504194.jpg「ベーシック石けん」のパーム油は精製して脱色したオイルを使いましたが、それを無精製のレッドパーム油(パームフルーツ油)にかえて作ってみました。

レッドパーム油にはカロチンとビタミンEが含まれ「傷や荒れ肌の修復を助ける」という効用があるそうです。
私は基本的に、石けんには汚れ落ちと使い心地(それともちろん安全)しか期待していないのですが、このオレンジ色は魅力ですね。
それに無香料でも充分にいい香りです。
[PR]
by eiei_ieie | 2005-04-26 16:50 | 石けん

マルセイユとベーシック

c0003040_1624592.jpgオリーブ油がメインの「ベーシック石けん」(右)と「マルセイユ石けん」です。

どちらも、オリーブ油(潤い)に泡立ちをよくするココナッツ油、硬さが増すパーム油を加えています。(見分けがつくように「ベーシック」の方はパプリカでマーブル状にしてみました)
この3つが、一般的な手作り石けんの基本になるオイルですね。
「ベーシック」は3つのオイルをバランスよく、「マルセイユ」は伝統的な配分(オリーブ72%)です。

「ベーシック」は石けんの硬さもありぶくぶくの泡。
「マルセイユ」は軟らかいきめの細かい泡立ち。
髪を洗うと(個人差がありますが)どちらも本当にしっとりサラサラになり、3ヶ月~半年置くと泡だちも硬さも増し、とてもいい使い心地になるのだとか・・・
オリーブオイル大好きの私としてはとても楽しみです!
(でも、それまで残っているか分かりませんが・・・)
[PR]
by eiei_ieie | 2005-04-26 16:24 | 石けん